ゴルフオタクがゴルフの上達方法や楽しみ方をアドバイス

ゴルフの魅力に取りつかれ、大手企業の職をなげうち、田舎でゴルフ打ちっぱなしを開業したゴルフ狂がゴルフの上達法と楽しみ方をアドバイスするブログ

ゴルフ

松山英樹/世界3位の快挙がゴルフ業界の後押しになるか?

更新日:

松山英樹プロの力は本物だ

松山英樹選手がまた、ゴルフファンも驚く快挙を達成。

出場していた「ザ・プレーヤーズ選手権」では、22位と
不本意な成績でしたが、なんと世界ランキング3位へとランクアップ。

これは、日本人初の快挙であり、これで松山選手が日本最強のゴルファーで
あることを証明しました。
(もちろん、現時点でいうことで・・・異論もあるでしょうが。)

松山の世界3位のニューズが伝わると、
PGAの青木功会長が祝福のコメントを発表し、
「近いうちにメジャー勝利も普通になる」
とこの快挙に賛辞を送っていました。

松山選手の影響力はゴルフファンには絶大。

昨年末から、ドライバーを長年使っていたスリクソンから、
キャロウェイのビッグバーサーにチェンジ。

ビッグバーサーの人気に火が付いたことが証明しています。
しかも、廃盤になっている旧モデルでこの状態。

その影響があったのか、キャロウェイが期待を込めて発売を開始した
2017年モデルは、人気爆発。

生産が追い付かず、アメリカは勿論、世界中で品切れが続出。
キャロウェイは松山選手に足を向けて寝れないほど、
嬉しい悲鳴をあげていることでしょう。

さてさて、今度は国内に目を向けてみると

 

国内ゴルフ事情 女子編

相変わらず、女子ゴルフトーナメントの人気がたかく、
次つぎに新しい話題を提供して、ファンを喜ばせています。

 

                女子プロNO.1の人気を誇るイボミ。
                2週連続優勝のキムハヌル

腹筋スゴイ

                  ミセスで初勝利のテレサルー。

 などなど、相変わらずの状況。

そこに、韓国勢が圧倒的な強さを誇るそんな中、また、新たにニュースターが参戦。

TVや一般誌でも取り上げられる程、話題になったアンシネ。

アンシネ程、大きな話題にはなりませんでしたが、
メジャー/サロンパスレディースに参戦した全米一の飛ばしやレキシ-・トンプソン。

予選ラウンドは不調でどうなることかと思っていると、いつの間にやら、スコアを伸ばし、
最終日は、優勝こそ、キムハヌルに譲りましたが、堂々の2位とその実力を見せつけました。

まぁ~、女子ゴルフ協会の話題作りのうまいこと。

賞賛ものです。

 

国内ゴルフ 男子編



一方、男子のトーナメントは相変わらずフアンに目を向けていない状態で、
最もそれが顕著だったのが、、ゴールデンウィークに試合を組まなかったことです。

これには、ファンのブーイングの嵐が殺到。

もちろん、いろんな事情があったとは思いますが、
最もファンが試合会場に足を運びやすく、また、TV観戦しやすい期間中に試合を開催しない。

これは、サービス業では考えられないことです。

どうも、ゴルフ協会には、サービス業としてのイロハの感覚が
乏しいと言わざるを得ません。


青木会長とジャンボが一緒にラウンド!
ジャンボが惜しくもエージシュートを逃した!

男子トーナメントでは、、こんな話題がニュースになっています。

 

喝ッツ!!! 

いつまでレジェンドに頼っているんだ。
少しは女子ゴルフ協会を見習え。

と張本さんから言われそうな状況です。
(張さんも取り上げてもくれません)

 

 明るい兆しは?

そんな中、唯一明るい話題を提供したのが
選手会長/宮里勇作。

悲願の沖縄での優勝。

それも2週連続で、しかも初のメジャータイトル。

和合の中日クラウンと日本プロ厳しいコースセッティングのコースでの連続優勝。
地力が付いたことを証明する勝利でした。

優勝後、宮里ファミリーが集まり、みんなが勇作選手を
祝福していた光景は、なんだかほのぼ感を味わえました。

国内女子は国際色豊かな選手がプレーやファッションでファンを喜ばせ。

男子は、改革を進める会長自ら、存在感を強力にアピール。

選手や協会を鼓舞して見せました。

そこに松山選手の朗報が届き、
ファンは、おなか一杯、ゴルフのニュースを堪能することができま

 

■ まとめ

ゴルフシーズン真っ盛りのいま。

冷え込んでいるゴルフ業界にも、現状を変えていこうとする動きが見え始めています。

練習場でも、若い初心者の姿が多く見かけるようになってきました。

しかも男女問わず。
(もちろん、まだまだシニアが大半ですが)

若い人がゴルフに興味を示してくれることが、何よりの活性策です。

アンシネ選手は、良いカンフル剤だったのでしょう。

松山選手がまだまだ、飛躍して、メジャーで勝利すると
また、ゴルフブームが訪れるような予感がします。

錦織選手の活躍でテニス業界が息を吹き返したように。

頑張れ、松山選手!

日本のゴルフの未来のために、

とエールを送ったところでお終いです。
 








-ゴルフ

Copyright© ゴルフオタクがゴルフの上達方法や楽しみ方をアドバイス , 2022 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。