ゴルフオタクがゴルフの上達方法や楽しみ方をアドバイス

ゴルフの魅力に取りつかれ、大手企業の職をなげうち、田舎でゴルフ打ちっぱなしを開業したゴルフ狂がゴルフの上達法と楽しみ方をアドバイスするブログ

ゴルフ

ゴルフを始める人が覚えておきたい練習方法とゴルフの効能!

更新日:

暖かくなってくるとゴルフシーズン突入です。

ゴルフ好きはワクワク、そわそわ!

ゴルフを始めようかな?と思っている貴方にゴルフの楽しさや効能をご紹介しましょう。

 

ゴルフをはじめる意義と思わぬ効能

あなたは、会社の上司や友達から

「ゴルフをやるから、お前もこい」

と言われたことはありませんか?

会社では、取引先やお客様との接待ゴルフなどもありますよね。

筆者が、サラリーマンで店舗勤務時代のこと。

 

各店舗が集まる会社のゴルフコンペが開催される時、

筆者は、なんどか幹事をやりました。

というか、やらされました。

そのコンペが好評だったことと、筆者の成績も良かったことから、

社内では、ゴルフのことなら、あいつに聞けという評判になっていきました。

 

その後、コンペで優勝を争ったゴルフ好きの上司が、新規店舗の店長となり、

筆者は、その新規店舗の開店準備室に配属になりました。

 

他のスタッフでゴルフをやるひとは少なく、うまい人もいなかったため

「取引先やお得意様との親睦ゴルフコンペ」

「本社の偉いさんが見えた時の接待ゴルフやお世話係」

など、

店長の直々の名指しで幹部社員を差し置いて、ペーペーの筆者が

会社を代表して参加していました。
(直属の上司からは、相当嫌味を言われましたがね)

 

その時には、すっかりゴルフ馬鹿になっていた筆者。

嫌味なんかより、

「勤務中に会社のお金でゴルフができて、
 しかも、いろいろな偉い方と親しくなれる。
 ゴルフとは、なんと良いスポーツなんだ」

と感激したことが忘れられません。

 

その時から、「将来的にゴルフ関連の仕事がしたいな。」

と漠然と思い始めていました。

そして、その漠然とした夢がその後の練習場開業へとつながっていくんです。

(一流企業の中間管理職だった筆者が、人がうらやむ年収を捨ててまで、
ゴルフにはまったエピソードは、また、別の機会でご紹介します。)

 

これまでの話で、少しはゴルフの楽しさや可能性を感じてもらえましたか?

 

ということで、

次からは、いよいよ、

「ゴルフがうまくなるため」

「コースデビューで恥をかいたり、同伴者に迷惑をかけないため」

の練習へと進みます。

 

ゴルフの練習をはじめる前の留意点

ゴルフの楽しさを感じたあなたは、

まずは「打ちっぱなしに行こう」と思うでしょう。

 

ところが、打ちっぱなしも、これからゴルフを始める、
球を一発も打ったことがないど素人が、
いきなり行っても、他のお客さんや練習場に迷惑を掛けることになります。

 

ゴルフはクラブを振り回し、硬いボールをうつスポーツ。

打ちっぱなしとはいえ、下手をすると、命に係わる事故にもなりかねません。

 

実際に前の打席の人のクラブが頭にあたる事故や
ボールがあらぬ方向に飛んで怪我をすることは良く起こっています。

 

また、ゴルフはマナーが大切なスポーツですから、
練習場とはいえ、なにも知らない行くとをかくことになります。

 

ですから、恥をかかないために、
これから、「打ちっぱなしデビュー」をするための注意点など、
何回かに分けて、ご紹介していきましょう。

 

まずは準備編。

 

グローブだけは用意をしましょう。

  ゴルフクラブを素手で握ってボールを打つと
  間違いなく、手にマメができます。
  それもあちこち。
  これは、痛いですよ~~~!
  だから、グローブは必須アイテム。
  (ちなみにGAMAMENは素手で打ちますが、これはつらの皮が厚くなった証拠)

 

靴は運動靴で十分

 

クラブはなくてもOK

  クラブは練習場でレンタルができますから、いきなり買う必要はありません。
  練習して続けたい!続けよう!と決めてからでも遅くありません。
  友達や知り合いのクラブを借りていくのも選択肢ですが、
  折れたりする場合もありますので、レンタルのほうが良いでしょう。

 

着ていくものは

 運動ができる服装であれば、なんでも構いません。
 ゴルフの練習と言えども、運動ですから、身動きのとりやすい
 ものをお勧めします。
 ただ、ゴルフの服装は、コースなどで規制されていますので、
 前回のゴルフのマナーエチケットの記事を参考にして下さい。

 

お金はいくらもっていくか

 料金は地域やシステムで練習場ごとで違います。
 システム
 ① 1球ごとの料金
 ② 打ち放題
 ③ 時間貸し
    など、いろいろです。
    練習場のホームページなどで確認をして行きましょう。

 

予約は必要か? 一人でも行ってもいいの?

 特に予約は必要ありません。
 一人で行ってもかまいませんが、
 最初は、先輩や上司など、経験のある人と一緒に行ったほうが良いでしょう。

 そんな人がいない場合は、練習場のスタッフさんにいろいろ質問してください。

 ほとんどの練習場は、親切に案内をしてくれますよ。

 

練習場へ行く準備は大体理解できたと思います。

次回は、練習所に行ったときの手順や効果的な練習の方法などをご紹介します。

こうご期待! です。







-ゴルフ

Copyright© ゴルフオタクがゴルフの上達方法や楽しみ方をアドバイス , 2022 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。