ゴルフオタクがゴルフの上達方法や楽しみ方をアドバイス

ゴルフの魅力に取りつかれ、大手企業の職をなげうち、田舎でゴルフ打ちっぱなしを開業したゴルフ狂がゴルフの上達法と楽しみ方をアドバイスするブログ

ゴルフ

ゴルフは仕事に役立つか? 迷っている人にアドバイス。

更新日:

 

前回のブログでは、GAMAMEN(筆者のこと)が

会社でゴルフの世話係を仰せつかるまでのいきさつと

ゴルフ担当になって、「メデタシ、メデタシ!」ではなかった

という話をご紹介していました。

なぜ大変だったのか? というと

その答えは簡単です。

ゴルフを希望される人、全員が

GAMAMENより、はるかにゴルフを知っていたからです。

しかも、

「うまい、下手」関係なく、

みんな、ゴルフに対して、「自分の意見&うんちく」を語りたがります。

(これはゴルファーなら、みんな持っている特性)

 

ゴルフ上級者の人は、細かいことや技術的なことは

自分からは、教えない傾向があります。

 

しかし、一般のゴルファーは、

キャリアや技術は別にして

自分より、少しでも劣ると初心者を見ると、

みんな教え魔になります。

(特にうら若き女性にたいしてはみんなです。断言!)

 

そんな教え魔が大人数で、新入社員の世話役に注文を入れます。

やれ、

フラットなコースが良い!

あそこのコースの飯はまずい!

若いキャディーさんがいるコースが良い!  etc

皆さん、勝手なリクエストのオンパレード。

GAMAMENのゴルフのキャリアと言えば、

卒業が決まった年に、遊び仲間の先輩に誘われ、

河川敷コースを1回ラウンドしただけ。

練習場にも、コースデビューの数日前に、いったキリ。

(それでも、初ラウンド139のスコアで、俺には才能があると思い入れが強くなる)

会社で上司や先輩から、

「お前、ゴルフの経験はあるのか?」

と聞かれた時、止めておけば良かったのに、

「学生時代に少々」と答えてしまったGAMAMEN。

それを聞いた上司。

「学生時代からやっておれば、ゴルフのことは当然詳しいよな」

 

とか
また、他の人は、

「学生の時にゴルフを始めるとは、生意気な」

と快くおもっていない人もいましたね。

そんな、こんなで、ゴルフ場を調べたり、コースの下見に行ったり、

組み合わせを考え、景品やパーティーの準備。

ーーーやること満載ーーー

仕事どころじゃありません。

休みもあったもんじゃない!

と言いつつ、好きなゴルフのことだから、イヤじゃない。

おかげで、

いろいろなイベントの幹事や世話役が大変なことを、その時、学びました。

また、始めは無理やりやらされたコンペの幹事。

しかし大会が終わった時のパーティー会場。

「幹事さん、ご苦労さん!楽しかったよ」

と声をかけていただいた時のホッとした安堵感と喜び。

「やって良かった!」

と心からおもえる充実のひと時。

ゴルフが仕事に役立つか?

の答えは、まだあります。

それは、全く、職場では接点のない、本社スタッフやお偉いさん。

部門が違う上司や先輩に

「おぉ♪ お前はこの間幹事をやってた○○だな!」

と一躍、名前と顔を覚えてもらったことです。

まだまだ、エピソードは山の様にありますが、
それは次の機会というにして、

次回は、ゴルフデビューに必要なものや

知っておくべきことなどをご紹介していきます。

こうご期待!







-ゴルフ

Copyright© ゴルフオタクがゴルフの上達方法や楽しみ方をアドバイス , 2022 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。